2021 2月例会報告

ビジネス21の2月例会が9日(火)PM6:30 米子ふれあいの里にて開催された。

22名のビジネス21会員に加えて3名のオブザーバーと講師 白石氏の26名が集った。

コロナ渦の中、三密に気を配り、懇親会の無い月例会となったが参加会員の顔は明るい。

会長の挨拶、1月例会の報告、交流成果の発表に続いて、

中国電力の人事異動により白伯さんの後任として村山さんが紹介された後、

3名のオブザーバーが紹介された。(各種コーティング業務の新居さま、(株)タツクロスの多月さま、南部葬祭さくらホールの松本さま)

   Tiesさんが持参された新作お寿司を参加者が試食し、味について意見を交わす光景も見られた。       

                 

例会のメインに準備されたのは、(株)しらいし設計室の白石博明氏による「非日常なんていらない、日常を豊かに~火のある暮らし~」と題した講演である。

ランバージャックスの活動、建築と薪ストーブについて語られた。

聞きなれない「ランバージャックス」。日本語に直すと「木こり」という意味らしい。

ランバージャックス 大山の大山支社代表の白石さんたちの活動は、「自然と人間を結びなおす」ことを目標に、林業とアウトドアの世界に人々をいざなうこと。

薪割を通して楽しい交流の場を想像し、薪ストーブのゆらぐ炎に安らぎを、薪を消費することで里の山がよみがえる。

こどもの頃、秋になると近隣の山に入り杉の葉、松葉、松ぼっくりに小枝を集め、薪を割り、軒下にひと冬の薪を積み上げる。

遊ぶ時間を親に奪われ嫌な思いをしたことを思い出す。

その同じような行動が、楽しいコミュニティの場になるなんて! 

薪割はしたくないけれど「ランバージャックス 大山」の活動を支援したいと思います。

白石さま、ありがとうございました。

 

「令和3年」 1月例会報告

2021年1月12日(火)18時30分より、米子ワシントンホテルプラザにおいて1月定例会が開催されました。


直前になり鳥取県西部でクラスターが発生するなどコロナ陽性者が増えたため、懇親会(新年会)は急遽中止となってしまいましたが、米子市長の伊木隆司氏の講演があったこともあり、25名もの会員の参加により無事に定例会を開催することができました。

 

伊木市長の講演では、まず新型コロナウイルスについて、ワクチン接種から人権問題まで幅広くお話いただきました。また、後半は人口減少局面において、これから米子市のまちづくりをどのようにしていくのか熱く語っていただきました。伊木市長から「米子を儲かるまちに・・・」というお言葉をいただき、異業種交流会ビジネス21の会員は心強く感じました。

今回は残念ながら懇親会(新年会)が中止となり、伊木市長と食事をしながら懇親を深めることはできませんでしたが、このコロナ禍ですから今は我慢です。次回は、ぜひゆっくりとお話させていただければと思います。
伊木市長、ありがとうございました。

2020年12月例会報告

12月8日(火)18:30より、例年通りに皆生温泉の皆生シーサイドホテルにて

参加者22名により、ビジネス21の12月定例会が開催されました。

新型コロナ禍に見舞われた本年でしたが、例年通りに忘年定例会を開催することができました。

開催にあたり、担当世話人からは参加者に対して「歓談・マイク使用時にはマスクを着用」という様式の通知を頂きました。参加の皆様は戸惑いながらも楽しんでいただけたものと思います。

参加会員が持ち寄ったプレゼントを商品としたビンゴゲームも無事開催され、大いに盛り上がった定例会となりました。

2020年11月例会報告

11月10日(火)18:30より、米子市中町の米子ニューアーバンホテルにて

約20名の参加者の下、ビジネス21の11月定例会が開催されました。

定例会次第に沿い、前月世話人による10月例会報告・交流成果の発表が行われたのちに、

米子市四日市町にてゲストハウス「ラトリエ」を運営されているフランス人起業家 Michael BAUDRY(ミカエル・ボードリー)氏を講師にお招きし、演題「A Kind Of Life by Michael」と題したご講演を頂きました。

フランスと米子で過ごす中で培われたご自身の経験を元に、地元に暮らしながらではなかなか意識をすることのない米子の魅力をご講演頂き、参加会員自身、改めて地元の魅力を再確認することができました。

講演終了後は懇親会が行われ、講師を交えて会員相互の懇親を深めました。

2020年10月例会報告

10月13日(火)18:30 ビジネス21の10月例会が開催された。

会場は、9月に入会された伊藤さんのご協力により、米子ワシントンプラザである。

集った会員は20名にオブザーバー1名。

オブザーバーは、株式会社ホクシンの濱田さん。

例会にて入会が認められ、ビジネス21会員になられた。

10月例会の主内容は、曹洞宗 瑠璃光山泉龍寺(日野郡黒坂)三島道秀 和尚による

「幕末の若獅子 因幡二十士」の今から157年ほど前の物語と泉龍寺に保管される諸物についての講演である。

因幡二十士と泉龍寺の繋がりは1863年。

鳥取藩の天皇親征論の急進論者河田佐久馬以下の志士が、鳥取藩主慶徳公の疑いを晴らすベく

京都本國寺の因州本陣に侵入し慶徳公の側近黒部源之助以下4名を切り殺したことに始まる。

その後、京都より黒坂の泉龍寺に幽閉された。

因幡二十士の生き残った数人は長州藩と合流し倒幕に関わりました。

中心人物の河田佐久馬は、明治4年7月の廃藩置県で同年11月に初代鳥取県権令(現在の県知事に相当)に就任しました。

日本海でつながる、近隣の因幡藩と長州藩。幕末において深いつながりがあると思っていましたが、やっぱりあったのですね。

歴史ドラマでは、山陽での出来事ばかり取り上げられ、知ることの少なかった因幡の歴史に触れることができてとても良い講演でした。

三島道秀 和尚ありがとうございました。

曹洞宗 瑠璃光山泉龍寺のホームページ
http://senryuji.sakura.ne.jp/

例会後の懇親会は、いつ参加しても最高ですね。
コロナの影響を踏まえて、ソーシャールディスタンスを考へ、食べ物の提供方法にも気配りされ、とても快適な酒宴を過ごさせていただきました。 米子ワシントンホテルプラザの皆様ありがとうございました。

ビジネス21 9月例会報告

マスク装着とソーシャルディスタンスを保っての例会

2020年9月8日(火)18:30より米子ふれあいの里 にて、ビジネス21の九月例会が開催された。

会員24名と写真家廣池昌弘氏とオブザーバーとして参加いただいた米子ワシントンホテルプラザ総支配人の伊藤秀敏氏の2名を合わせ26名での例会となった。

手島会長の挨拶の後、オブザーバーとして参加された伊藤さんの入会が承認された。

9月例会の演題は2つ。

姫蛍の写真で世界2位を受賞された、地元の写真家 廣池氏によるギャラリートークとビジネス21会員の登山家 守山さんによる100名山登頂秘話。

世界中より応募される数万枚の写真。世界の種々の写真コンテストの話題から、プロジェクトに写し出される写真一枚一枚の説明に参加者一同熱心に耳を傾けていた。

会員守山さんンは、登山を始めた理由が体調を崩したこと、100名山を目標にした経緯や自身の高所恐怖症を克服しながら登った山の秘話を持ち前の熱弁で視聴者を魅了していた。

9月例会世話人の計らいで、懇親会を中止しながらも、飲食業の会員の商品を集めた、持ち帰りグルメセットを、

準備し参加会員は任意で購入し散会となった。

廣池さん、ギャラリートークありがとうございました。

素晴らしい写真集ありがとうございました。

ビジネス21 7月例会

7月14日(火)バンケット&ウェディング シュシュにて16:30より7月例会が開催された。

4月、5月、6月の例会がコロナの影響で見送られビジネス21会員が集る機会も少なく、うずうずしていた会員も多く30名以上の会員が集った。
             

新会員2企業の事業紹介がメインの7月例会。

会長のコロナに負けない激励の挨拶を初めに交流成果、3月例会報告の後、3月に入会された株式会社 凪物流 の中田さんから、物流業界の情報、米子に新たに進出してきた理由、規模などを説明された。

5月よりケーキshopから総菜店へと営業形態を変更された野津さんから、以前からやりたかった総菜店を始めることができ、様々なお惣菜にチャレンジしているので会員の皆さんに利用してほしいと営業内容を掲載したパンフレットを配られた。  みなさん応援してますよ!

最後に、株式会社skyerの宇佐美さんより「あなたのビジネスにドローンが活躍?」と題して最先端ドローン事情のご紹介をされた。

ドローンに興味を持つ会員も多く写し出される動画に見入っていた。

例会終了後は、同会場にて懇親会が、会費 ¥4,500(定例会用特別コース)にて開催され、賑わった!

令和2年 1月 例会 報告

令和2年1月14日 ビジネス21の1月例会が開催された。

場所は、しゃぶしゃぶ・寿司・和食処 「 海王 」である。

例会を、極力省き新年会に重きを置いた1月例会になった。

会長の挨拶、12月例会の報告、そして新年会である。

年を明けただけなのに、会話が弾むのはなぜだろう?

新しい年への不安と希望が、情報を集めようとさせるのだろうか。

政治評論家、経済評論家の方々が口々に言われるように「2020年」は、

何かが起こると、経営者のみなさんも肌で感じておられるのでしょう。

ビジネス21会員の健康と繁栄を心より祈ります。

ビジネス21 12月例会(忘年会)

12月10日。ビジネス21の令和元年の締めくくり例会が皆生シーサイドホテルにて開催され、23人が集った。

司会進行役は12月の世話人が受け持つ。

田中(秀)・吉田の両名である。

定例会のスタートは、手島会長の挨拶から始まった。

11月の例会報告をディスパロの宮本さん。

交流成果報告と連絡事項を各会員に求め報告の後は、忘年会である。

盛大に準備された和食とおいしいお酒を頂きながらの忘年会である。

お酒が入れば、懇親内容もいつもより深くなり親近感も一層増す。

大切な時間です。

世話人の準備されたビンゴゲームは、いつもながら熱を帯び忘年会を盛り上げてくれる。

準備された2時間も、20分の如し。

12月の世話人さま、お疲れさまでした。ありがとうございました。

中国四国ブロック合同例会(11月例会)

令和元年11月2日(土) みよし運動公園の「きんさいスタジアム」にて広島にもくに会と山陰ビジネス21の合同例会が午前9時30分より開催された。

合同例会は、毎年交互に山陰と山陽にて開催されているが、昨年は台風により広島地区の被災のため開催を断念。今年広島にての開催となった。

広島にもく会のお世話により、「汗で和を広げるスーポーツ交流会」のスタートです。
ウオーキングサッカーのルールー説明を聞く参加者たち。
A・B・Cの3チーム。
準備された参加者名簿に合わせて各チームに分かれてウオーミングアップ。
走るのはルール違反になるウオーキングサッカー。1チーム7人試合時間8分。
適度な運動量、スポーツが苦手な人でも楽しめて
互いに動き距離感が近く、肌でのコミュニケーションは新鮮である。
場所を移動しての懇親会。
スポーツ交流でコミュニケーションもばっちり。
料理もうまいし、会話も弾む!
実行委員長より賞状を受けとるBチームリーダー(左)
ビジネス21会長の締めの挨拶。
ウオーキングサッカーの開催と全異連への推奨。
山陰ビジネス21世話による2020年の合同例会の開催を約束し、閉会となりました。

広島もくに会の皆さん、実行委員の皆さん!
ありがとうございました。
とても楽しめました。
共に体を動かすことによるコミュニケーションは、最高ですね!