第20回全異連全国大会 in 米子 平成30年6月2日

 

第20回全異連全国大会 in 米子 イメージフォト

第20回全異連全国大会 を鳥取県米子市にて開催いたします。

 開催日:平成30年6月2日(土曜日)
 時 間:14:00
 会 場:米子コンベンションセンター

守山 康仁jpgごあいさつ 実行委員長 山陰ビジネス21 守山康仁

この度、山陰のど真ん中の米子市で「第20回全異連全国大会 in 米子」を開催いたすことになりました。人口わずか15万人の都市、交通の便の良くない地域での開催と言うことで色々と危惧していますが、北海道から九州までの「全国異業種交流会の連合会」の仲間が集うということで山陰ビジネス21のメンバー全員は、もてなしの心を前面に手作りの全国大会を企画いたします。

ここ山陰では全国的にも自慢できるものが有ります。それは食と自然と歴史です。遠方の方はなかなか山陰に足を運ぶ機会が少ないと思いますので、この全国大会の折に是非とも山陰にお越しください。同伴者での参加も大歓迎いたします。前夜祭も大会を盛り上げるための一番のツールと考え思い切って企画しました。トリは我らのメンバーの奇想な踊りでの締めくくりを考えていますので、そこは見てのお楽しみに!


 

タイムスケジュール
 13:00  開場
 14:00  開会
 ・オープニングセレモニー
 ・全異連代表幹事挨拶
 ・主催者挨拶(山陰ビジネス21)
 ・来賓挨拶
 ・基調講演 松村 宏 『エレキ紙芝居』
 ・全国の単会紹介
 ・次回開催地紹介(遠州ビジネス交流会(浜松))
 ・写真撮影
 16:30  閉会
 ブース展示・お買い物など(お買物券付)
 17:30 懇親会(同会場・国際会議室〉

 

基 調 講 演
エレキ紙芝居 ~伯耆国・大山開山物語~

平成30年、鳥取県のある大山( だいせん)は開山1300年を迎えます。

今回の基調講演は開山にまつわる物語を、エレキ紙芝居として皆様にご紹介いたします。

【プロフィール】

ゴロ画伯(本名 松村宏 )は鳥取県米子市出身。朝日新聞東京本社で約10年間、報道ビジュアル部門に在職したのち、漫画家・イラストレーターとして独立。映画「おくりびと」「どろろ」などの絵コンテを担当。2011年から自作のイラストを大型スクリーンに投影して自ら演じて語る「エレキ紙芝居」というステージ活動を始め、全国各地で上演している。

    


 

オプショナルツアー参加者募集

<6月2日(土)半日ツアー><6月3日(日)半日ツアー・全日ツアー>

 

会 場 案 内

【米子駅から会場まで】

米子駅出入り口を出て道沿いに左に向かい、信号を渡り、直進し一つ目の信号を左折、そのまま直進すると会場。

【周辺施設】

・コンビニ(米子駅入り口にセブンイレブンがあります。)
・スーパー(会場から見える位置にAEONがあります。)
・駅前通り周辺には、大型居酒屋や飲食店があります。

 


 

前夜祭参加者募集中

コメントを残す